この日記は半分眠りながら書きました

Twitterを眺めていると,ほんの些細なテーマに対して思いつきで長々と意見を述べている人間を多く観測する.私にはとても真似できない.

私は文章を書くのが苦手だ.実を言えば,たった140字のツイートを書くことですら私にとっては一苦労なのだ.このブログの更新があまりされないのも私の文章記述への忌避感(及びそれに伴う億劫さ)に依る部分が大きい.

自身の思考過程を分析してみるに,私は言語ではなくイメージで思考をしているようで,もやもやした雲のような思考イメージをそのまま加工することで思考を進めている(気がする).このため,咄嗟に考えを述べようとすると,言語化処理に長い時間が掛かってもごもごしてしまうことが多い.また,思考をどうにか言語化しようと言葉を探しているうちに,いつの間にか思考そのものが拡散して消えてしまうこともある.

改めて客観視するとばかみたいだけど,この思考形式はひらめきという点で優れている.言語で思考をする場合,思考は言語の論理性に束縛されてしまい,ひらめきは訪れにくい.一方で,イメージで思考をする場合,その曖昧さゆえに連想的に自由に思考を展開でき,ひらめきが訪れやすい.そう思わないとやってられない.

 

まだ書きたいことあったけど,もう死ぬほどねむいのでおわり.